ハンガーにかけたまま服をしまうメリットとは

ハンガーにかけたまま服をしまうメリットとは

洗濯上級者はとことん漂白に拘る?

洗濯の家事で、洗うのは洗濯機だから。
ボタンを押すだけでいいから家事の中では好きな方の人もいます。
洗濯機がピーッと鳴った瞬間に、次の一連の作業が重荷になる人もいたりして複雑。
天気を気にしながら衣類のしわを伸ばして広げて綺麗に干して、乾いたら洗濯物を取り込んでたたんで収納する手間が、あまり自分の性に合わない人もいます。
洗濯物が山積みの子沢山の家庭の映像を想い出して、靴下は対を見つけることができるのだろうかという、家の中がコインランドリーの内部のようになっているのを見ると、人が多いとこんなものなのかと想像もできません。
洗濯物を干す時から収納までの流れ作業が、機械のようにハンガーと共にベルトコンベア状態を作れたら、気分も爽快になりますか。
無声の昔のアニメーションのように、ひたすら機械的に作られていく光景に佇む人の姿は、なお滑稽です。
毎日、何も考えず多くの洗濯物をシンプルに無神経な態度で片付けていくのなら、ちょっと許せるかもしれません。
たたまないで、洗濯物を干してそのまま取り込んだらすぐさまクローゼットに持って行って、無言でハンガーをかける作業に徹するのも悪くはありません。
一度やり方が決まったら、家族みんなが次はどうするかも周知していて、もし用事で間に合わない日があっても、かけておいたよで簡単に済みそうです。
ズボラじゃないんです、ちょっと几帳面すぎるだけ。
一方で、たたんで収納すると手間も然りで、たたみじわが気になってアイロンのことを懸念することになり、ますます仕事は増え、心はざわつく人もいます。
洋服屋さんのように全部ハンガーで吊るしてあると、分別しておいたり、衣替えも楽です。
メリットは家事の時短で、家族の協力もあり、納得します。

TO_TOP