ハンガーにかけたまま服をしまうメリットとは

ハンガーにかけたまま服をしまうメリットとは

>

顔を汚さない収納の仕方

ハンガーでの長期保管

ハンガーにかけたままの状態で長期間の保管できたり、向いている素材の衣類もあります。
衣替えで箪笥から衣装箱に入れ替えせず、そのままハンガーにかけて場所を手前や遠くに移動させるなどで済むと、案外楽なものです。
ハンガーにかけたままの収納をする時には、衣類に最適のハンガーを揃えておくことも必要です。
滑り止めやずれない素材のハンガーや、形状のバランスが理にかなっていたり、かなり多くの種類も値段も素材も豊富にあります。
特にニット類等で伸びて型崩れし易い衣類は、他の収納方法で。
コートのような重い衣類の場合は、それを支えるだけの肩の厚みのあるタイプのハンガーを選ぶことも必要です。
型崩れやシワにならないようにしたい繊細なシルク等の素材の洋服は、ハンガーにかけるのがベストです。
いくらハンガーにかけるからといっても、クローゼットに詰め込み過ぎたり、均等に並べられないと、衣類の型崩れの元です。

デリケートな衣類たち

ニットは上質なものほど、洗濯表示をよく確認して失敗しないように洗濯しましょう。
カシミヤなどのウールの衣類は、処置せずにおくと虫食いで台無しになってしまいます。
シーズン初めには、衣類の匂いや虫食いのチェックも忘れずに、早めに行いましょう。
長期間の保管で、シワや匂いがついた場合等は、スチームアイロンで解消できます。
スチームアイロンは、ダウンなどやコート等にも使えて便利です。
繊細な衣類も多くなっているので、洗濯表示のチェックや、衣類の目立たない所で試してから全体にスチームアイロンをすることも大切です。
微妙な天候や気候に便利なトレンチコート等は、クリーニングに出すタイミングを逃すことも多いですが、洗濯表示で確認してクリーニングするか家で洗うか選びましょう。
素材がレーヨンやキュプラなどは水に弱く水洗い不可で、クリーニング要かもしれません。


この記事をシェアする
TO_TOP