ハンガーにかけたまま服をしまうメリットとは

ハンガーにかけたまま服をしまうメリットとは

>

クリーニングのあと

引越しはハンガーと共に

ハンガーにかけた衣類は、ついには引越し先までその状態で。
引越しの際にハンガーボックスを使うと、洋服の荷造りも楽で、新居に到着して荷物をほどいて収納するのも簡単で時短になります。
洋服自体もシワができにくく、いたみにくいかもしれません。
必要に応じて、衣類をすぐ出せることも助かります。
引越し会社のハンガーボックスを使うのも便利ですが、自分で梱包する人もいます。
洋服の荷造りの簡易なやり方は、持ち運びできるクローゼットのボックスのようなハンガーボックスを使うこと。
市販品もありますが、S引越センターやH引越センター等の会社ではハンガーボックスを引越しの日にレンタルする方式での契約にもできるそうです。
1箱にスーツなら10着未満、ワイシャツ等は20着未満の収納ができる大きさで、コートやドレス等まで荷造りに使えます。

引っ越しに生かす

ハンガーボックスを使うメリットは、便利で洋服をハンガーにかけたまま収納できてシワが防げ、新居に行ってもすぐに手間なく出して衣類を使えることです。
社会人はスーツやワイシャツやドレス等、シワができるとクリーニングに出し直したり、経費もさらに掛かります。
引越しの一連の片付けの最中に、衣類を出してきてアイロンがけも悲しい。
衣類をハンガーにかけて移動する手段を利用したハンガーボックスでの荷造りは、洗濯して干して必要に合わせてアイロンをかけてクローゼットにしまって、そのままハンガーボックスで次の新居まで旅をする移動距離と、所要時間と手間は、洗濯場から新居までとても効率的に思われます。
ハンガーボックスに洋服を詰めた後、空いた場所には小物類やぬいぐるみなどを詰める仕分けも早々に。
レンタルせずに市販のものを購入して引越しすれば、返却しなくていいので時間に猶予があり、慌てて片付けなくていい利点もあります。


この記事をシェアする
TO_TOP